ドッグフードがイラストに描かれるとき、茶色の塊としてとらえられ描かれることが多いです。人間の食べ物に比べて変化がなくおいしそうに見えないと感じることもあるでしょう。しかし、実際にドッグフードを見てみると、単に茶色の塊ではないという事が分かります。確かに粒状のものは茶色い塊に見えます。しかし、一つ一つの粒を見てみると色や形が異なっているものもあります。レトルトタイプは缶詰なども野菜などが入っているのが見えることがあり、そういったものでは自然な物であっても赤や緑の色が現れます。
このように、お店で購入したものでも単なる茶色の塊でないといえる場合も多いですが、それに加えて手作りしたものや、様々なものをトッピングして食べさせるという事も増えています。このような場合はその手作りした素材やトッピングしたものによって色や形が大きく変わってくることになります。かなりバリエーションに富んでいるといってよいでしょう。犬によってはそういったドッグフードの見た目や香りの違いを楽しんでいる子もいます。
また、ドッグフードはご飯として食べさせるもののほか、おやつとして与えるものもあります。そういったものは様々な形をしています。ユニークな形に成形したものなどもあり、見た目を楽しませてくれます。
ドッグフードのイラストのイメージを固めることなく、犬がどのようなものを好んで食べているのか、ドッグフードランキングを参考に興味を持ってみてみるとよいでしょう。