遺伝子の影響によりテストステロンおよび5α-還元酵素が結びつくと、テストステロンは脱毛を促進するDHTと言う男性ホルモンに変換される事になります。
これはagaと言う男性型脱毛症の特徴でもあり、agaは進行型の脱毛症でもあり、そのままにしておくと薄毛の範囲は広がってしまい、前頭部や頭頂部の毛髪がなくなってしまうと言うリスクがあります。
治療を早く行う事で、抜け毛の量を減らし、発毛を促進する事が出来るようになるのですが、agaは遺伝子検査や医薬品の作用を確認するための血液検査を受けるのが重要となります。
東京や大阪と言った首都圏などの場合は検査を受ける事が出来る専門クリニックが多数ありますが、地方などの場合は遠方まで行かないと検査を受ける事が出来る専門クリニックがないと言うエリアもあります。
四国の愛媛県は地方に属するエリアではあるのですが、愛媛県の中には東京や大阪、福岡などに治療院を持つagaの専門クリニックがあります。
専門クリックはagaの治療に特化した病院でもあり、薄毛で悩む人々の発毛や育毛治療を可能にしています。
AGA治療方法は患者さんの薄毛の度合いなどに応じて、その人に合う治療法を見出してくれるため、発毛率が高い、そして育毛効果も高くなるなどのメリットもあります。
尚、治療は1年前後の期間が必要であり、1か月に1度の割合で通院をしながらの治療を受ける事になります。
そのため、通院に便利な専門病院を選ぶ事が治療を続ける秘訣ですよ。